①エロエロ日記

最近、自分の中で流行っているアナニーを紹介するコーナーです。

2016年12月15日版

アナニーでイケるようになってから2年近くが過ぎようとしています

この2年の間にアナニーのやりかたはほとんど変わってはいませんが、

感じる個所がどんどん増えてきたのと、性感自体が増してきた!というのが正直なところです。

ひとつひとつの性感帯が日を追うごとに性感が増してしまい、アナルはまさにオマンコと化していて、もうアナルまんこはメスそのものです。

女性だってはじめはオマンコでは感じないのが、経験を積めば積むほど感じるようになるのとまったく同じなのだと思っています。

彼女のおまんこを触るときも自分のアナルまんこのように愛情たっぷり、エロモードたっぷりで攻めてあげれば彼女の悦びが手にとるようにわかります。

アナルを攻める時はなおのことイカせまくってます。(^^)

アナニーは本当に気持ちいいので、焦らずマイペースでやることが重要です。

個人差がある性感帯

ドライオーガズムやアナニーのサイトは沢山あるので、勉強もしていましたが、人によって感じ方や感じるところもみんな一緒ではないということに気が付きました。

初めのころは先輩の書いていることが正しいと思っていたのですが、個人差もあるし環境によっても感じ方が変わるということもわかりました。

当然ですが、イキ方だって個人差があります。

気持ちいいんだけどイッたことが無い・・・そんな人は

イク~って言葉に出すと、急に気持ちが高ぶってきて、急にイケるときがあります。

オナニーだったら射精で終わり・・・というのがはっきりわかりますが、アナル(アナニー)では気持ちいいんだけど「イッた」というのがわからないかもです。

恐らくイキ方がわからないだけなので、気持ちいい~とか、感じちゃうとか言葉にだすとその通りになるので、ぜひ試してくださいね。

アナルでイク時の共通点はアナルがうんこをするときのようにパカ~っと開いています。

私がアナルでイク時もアナルがパカ~と開いているのですがイク時のアナルを鏡で見るのが好きです。

ただしエネマグラで前立腺のみでイク場合はアナルは広がりません。

アナルは最高

初めのころはエネマグラで前立腺を刺激したりする程度でしたが、今では7cmのアナルプラグも飲み込めるほどのアナルまんこになりました。

7cmのアナルプラグは必要ないのですが将来はフィストにも興味があるので7cmが出し入れがスムーズにできるようにしたいです。

ちなみに彼女は手のサイズは6.0~6.5cmくらいだと思う(見た目)ので今度お願いしてま~す^^

自分でアナルフィストをやってる男性のHPを見ましたが、男だと8cm位までは拡張しないと無理そうですよね~

8cmのアナルプラグも挑戦していますが、貫通がいつになるか未知の世界です。

最近のハマりのアナニーは・・・

その前に2年もアナニーをしているとディルドーやアナルプラグがめっちゃ増えました

かれこれ40本くらいはあると思います。

今度写真に収めてアップしますね(^^)

そうそう大事な事なので覚えておいてくださいね

アナルプラグやディルドウを買って、その時はしっくりこなくて、買うんじゃなかった!って思っても大切に保管してたほうが良いです。

あとでよくなることって多々あります。

さて今回のハマりコーナーは金魚運動器の紹介です。

久しぶりに金魚運動器にブラックカイマンを取り付けて3分と5分やりましたが、S字入り口をちょこちょこ開発していたせいもあり、めっちゃ気持ち良かったです。

通常は何度もイクと力を加減する時がほとんどなんですが、金魚運動器の場合はイキだすとスイッチを切りたくなるので、わざとスイッチを遠くに置きます。

金魚運動器でイクとアナルをぐいぐい金魚運動器に押し付けイキまくります。そして何度も何度も悲鳴を上げてイキまくります。

ぐいぐい押しあてるとS字が最高にとろんとろん状態です。

加減をしらない金魚運動器でイカされると、男が欲しくなるんです。。。あはは^^

金魚運動器はアマゾンなどに5.000円ほどで売っているので、一人住まいの方や、パートナーと一緒に遊べる人には最高の商品です。

女性用としても使えますよ(^-^)v

またブラックカイマンのように睾丸がついていて、吸盤タイプの物であれば金魚運動器に付けられると思います。

 

 

 

ディルドやアナルプラグはどこよりも安く販売している「大人のおもちゃ通販大魔王」

大人のおもちゃ通販大魔王

出会いサイトで知り合った女性のテクニックに惚れてしまった。それくらいに凄いテクニックだった。

お尻

根っからのスケベなボクは、たまに出会い系のサイトを覗いては、気に入った女性がいれば、メールを送るようにしている。

アナルを覚えるまでのボクは若い女性がターゲットでした。

結果はともかく、結構楽しい思いもしたけど、みじめな思いをしたこともあります。

でもアナルを覚えてからは、アブノーマルな書き込みばかりを見るようになってきていて、ノーマルな書き込みは無視、無視、無視。

数日前に出会いサイトを覗いてみると

面白い書き込み発見

それも投稿されたばかりのもの、、、

投稿されたばかりの書き込みにメールをすると返信率は結構高いのです。

「お題:アナルの穴」

「コメント:お尻をなめるのが好きです。

興味がある方はメールください。

声を出す男性って可愛いですね(^-^)/」

興味があったのでメールをしたんです。

ラッキー、、、すぐに返信あり、2日後にデートの約束

 

それまでのメールの内容だと、数か月前まで性感マッサージ店で働いていたらしく、アナルを舐めるのが大好きで、舐めてもらうのも好きということ。

当然ボクもアナルが大好きだから、彼女にも悦んでもらおうと、いろんなおもちゃをバックいっぱいに詰め込んでとりあえず持って行くことにしました。

約束の時間

彼女現る、、、

ぐぐぐ、、、悪いけど逃げ出したくなるらいの容姿で、そしてミニお相撲さんです

それも、、、小遣いつきだからなおさらみじめなんです。

小心者のボクは逃げ出すこともなくホテルへ直行、、、

昔のボクだったら、ちゃんとお断りをして、女性と別れるのですが、どうしてもアナル舐めが気になるし、アナルの中がヒクヒクと疼いてしまい、犯してほしい、、、そんなエロマンコになっているんです。

普通の女性と変わらない会話をして、一緒に風呂に入りました。

ベットに入って、軽くキスをする

キスをこばむわけではなかったが、ずっと気になっていた「アナル舐め」が頭から離れない、、、

彼女にボクの気持ちを伝えた、、、お尻を舐めてほしいと、、、

彼女はにっこり笑ってみせた

仰向けになっているボクのお尻の下(腰あたり)に枕を引いた

M字にされるとお尻の穴がもろに見られる、、、

これが綺麗な女性だったらお尻の穴を見られていると思うだけで恥ずかしくなるんだろうけど、幸いに女を感じないほどの容姿で、おまけにお相撲さんのような大柄なので、恥ずかしいというのがほとんど感じなかった。

恥じらいよりも早く舐めてほしいと思った。

 

いよいよはじまった、、、、、

ちゃんとアナルは綺麗にしてでかけていたので、それを彼女に伝えた

彼女はにっこりうなずく、、、

いきなりアナル全体を吸ってくる、、、

くちびるでアナル全体をほぐされている感じ、、、決して上手いとは感じなかった。

ローションも付けずに、、、期待外れを予感、、、

それから数分が経つと、思いっきり舌も参戦してきた。突然襲ってくるびちゃびちゃ感

柔らかなくちびるから突然尖って硬い舌をたくみにアナルに忍ばせる。

それまでは期待外れを感じていたので、この快感は逆に新鮮に思えた。

普段はローションがないとアナニーは考えられないのだが、今はローションなし、、、

ローションを使ってなくて、唾のすべり具合だけの快感、、、

口いっぱいに含んでいた唾をアナルの中に舌でかき混ぜながら入ってくる、、、

あぁぁぁ~ん、、、すご~い、、、声が漏れてしまった。

目を開けると目の前にはお相撲さんがいるので気分が萎えてしまうため、目を閉じたままでいると感じます。

感じ始めるとお尻の入り口がびちょびちょと音を立てながら拡張されている。

お尻を綺麗にしているので、いつもより敏感になっているアナルまんこ

お尻を舐めだして20分くらい経ったのか、とにかく喘ぎまくるボク、、、

自分でやるアナニーとは次元が違う気持ち良さ、、、

まだ何も入っていないのに感じまくる、、、とろけそう、、、

お尻を責められると愛を感じるのはボクだけなのか

お相撲さんみたいな彼女にしがみついて激しくキスをせがんでは

いっぱい甘えるボク、、、死にたいくらいに恥ずかしい、、、

でもとまらない、、、あああ~ん、、、

お尻の中が感じてくるとお尻の中の力が抜けてお尻の中がベロ~ンとした感じになっていっそうエロい感じ方をする。

アナルへのキスだけでこんなに気持ちがいいなんて、、、離れたくないと思った。

 

急に男が芽生えたのか

彼女を押し倒し、彼女の唇を奪い、おっぱいをわしづかみにしては興奮するボク

両足を大きくを押し広げ、お返しとばかりに音を立ててオマンコに吸いつく

あぁぁ~、、、んんん~と彼女の吐息がもれる

が、、、、

彼女の指がアナルに触れた瞬間、、、またまた女に変身、、、

元気だったボクのペニスが萎えはじめた、、、

彼女がいくらチンポを咥えてくれても元気になってくれない。

アナルの開発が進んでくるとアナルの方が断然気持ちいいので仕方ないのですが、彼女のアナルテクはキャインと泣きたくなるほどに気持ち良くて最高なんです。

彼女には悪いと思いましたが、彼女も舐められるより舐める方が好き!ということだったので時間の許す限りアナル調教をしてもらうことに、、、

それからは指で何度も何度もイカされて、、、

最後は彼女のために持って行った「みちのくディルド」で思いっきりアナルをつつかれながら、ニューハーフの彼女とまったく違う女性に抱かれて悦んでいるボクがそこに居ました。

それも普段だったらまったく興味も持てないような女性に思いっきりキスをされ、、、いや、ボクが彼女にキスを求めているのです。そしてアナルにディルドをつつかれながら悦んでいるんです。こんな姿は誰にも見せられないけど、あきらかにボクの身体(アナル)は嬉しそうによだれを流しています。

それから、、、彼女からはデートの誘いがあるのですが、ボクに自信がないのか会っていません。

だって今度会ったら、離れなくなりそうで怖いのです。

誰にも話せないけど、女性に犯されて最高に気持ちよかった体験でした。

アナルマンコの旅は続く、、、(^-^)/

ディルドやアナルプラグはどこよりも安く販売している「大人のおもちゃ通販大魔王」

大人のおもちゃ通販大魔王

はじめてのアナルセックス!相手はなんとニューハーフちゃんでした。

アナルセックス

2015年の11月だったと思うが、行きつけのスナックで飲んでいると見慣れない30代後半から40代前半ほどの女性客(2人)と意気投合・・・

はじめは女性と思って話をしていたので、ごく一般的な会話をしていたんですが、だんだんと酔いが回ってくると、お尻の話やドライオーガズムの話とかになり、かなり盛り上がりました。

ただ私よりもドライに詳しい二人を見ると、なにかおかしい・・・

声もおかしい・・・

いろいろ聞くと二人ともニューハーフちゃんで、お店のママと友達だそうです。(^-^)

年末の忙しい時期だけお店を手伝うということで、遊びにきたらしいのです。

私はスナックには月に2.3回顔を出す程度です。好意的なママさんだったけど女性を感じることはなかったので、心の中で「ヨッシャ~!って叫んでる私がいました」^^

2人のうち1人がやけに気になる。(私のタイプだったんです)

私の気持ちわかるかな~^^

最近、毎日のようにドライオーガズムを楽しむからなのかお尻の話しをしているだけでお尻がむずむずしてくる・・・

まだアナニーしか経験がない私にはニューハーフと一緒にいるんだ!と思うだけで嬉しくて仕方ありません。それも好みのニューハーフちゃん。

それから数時間がすぎ、閉店の時間。

ニューハーフちゃんたちともお別れタイムです。

それにしても可愛かったな~(^^)

それから数日が過ぎスナックへ・・・

気になる彼女はちゃんといます。

気になる彼女に色んなアドバイスをもらいながら、相談してるとママの友達ということで、手ほどきをしてくれるようになったんです。それもあこがれのニューハーフちゃん。

私は女のように変わってきているのだろうか!・・・

彼女と一緒だとお尻がむずむずしてしまう。前立腺が疼いてしまう。

約束の日

男と遊ぶのは初めて、ニューハーフちゃんとの触れ合いも初めてだったけど、ドライオーガズムは体験していたのでニューハーフちゃんとのこれからの時間が楽しみです。よく見るとめっちゃかわゆい、ドライオーガズムは、まだまだ初心者同然のイキ方しか知らない私はわくわくする気持ちとちょっぴりの恐怖感が・・・だって男なんですよ~^^

風呂に入る前にテレビの音量をかなり大きくして(意味不明・・・)お風呂タイム

一緒に風呂に入って、アナルを綺麗に・・・

エスコートしてくれる彼女の言われるままにシャワーで1回目の浣腸・・・うんこの我慢の仕方、排便の仕方などをアドバイスしてもらいながらトイレに行って排便。どうしてテレビのお音量が大きいのかがようやく理解できました。トイレの音を軽減させるためのものでした。男のくせに意外と気がつくんだ~っと可愛く思えた(^^)

排便が終わり風呂場に戻ると、今度は彼女が手慣れた様子で1回目の浣腸をしています。

彼女が排便でトイレから戻ると、私には2回目の浣腸です。2回目になったら,そんなに多くうんちはでないので、風呂場の洗面器へ排出。私と彼女が交互に浣腸で悶えながら排便をすること数回

普段は4.5回の浣腸で止めるのですが、ウンチが出なくなってから4.5回浣腸すると完璧だよ!アドバイスをもらったのでアドバイス通りに・・・

女性と浣腸ごっこ・・・っていうのは恥ずかしいと思うけど、今からの出来事を考えると、ましてや男と男・・・これからの快楽を期待しながら、今まで酔っていた感覚もなくなり、尻の穴が熱くなっているのを感じ、期待が大きく膨らみます。普段はお尻は毎日のように遊ぶのですが、今回は3日ほどアナニーは軽めにした程度だったのでお尻はむずむずしています。

おまけに浣腸までしたということは、男の生のチンポが味わえる・・・そう思うだけで脳みそが壊れそうなくらいにそれほど興奮状態でした。

攻める、受けるという概念もなく、お互いに感じ合えるように優しくエスコートをしてくれる彼女、彼女の唇がキスを求めてくる。女意外とキスするのに抵抗があったので、下を絡ませたりはしなかったが、いつのまにか私がずっと受け身となっている。乳首を転がされ、全身にキス攻撃。ペニスは触れるか触れないくらいのタッチで攻めてくる

段々と息遣いが荒くなり彼女のペニスを見てみる???

がび~ん

それは私が憧れている、ブラックカイマンそのものなんです。サイズが!・・・まさにブラックカイマンです。

ブラックカイマンは私のよきパートナーなんで毎日のように私のアナルを犯してくれます。そのブラックカイマンの生ですからね~^^

本当に心臓がばくばくするほど興奮したのを、今でも覚えています。

生の大きくなったチンポを見て興奮。しかもブラックカイマン・・・

急に親近感が湧いたのか、彼女のペニスに舌を這わせて咥えようとしても、大きすぎて口に入らない・・・

それでも彼女のペニスが舐めたくて音をたてながら大きなちんぽを咥えてしまった。なんの抵抗もなく呑み込める、、、息遣いが荒くなる

もう止まらない。私からキスをおねだり

なんか急に彼女のチンポが欲しい・・・早く入れて欲しいと思った。

彼女の指が私のアナルをほぐしてくれている。ローションをたっぷりと掬うように指に着けてはアナルに塗り捲る。お尻に触れるだけで大きな声がでる。感じすぎて勝手に腰が前後に動く。指が2本、3本とアナルに入ってきていやらしい動きをするたびに、お尻の中が生き物のように蠢くのがわかる。

私が感じているのを彼女は察知したかのように、Sっぽく言葉を投げかけられる。

もう感じまくっているのか、彼女にチンポ入れて~とおねだりしてしまっていたんです。

それから大きく反っている彼女のブラックカイマンが私のアナルをこじ開けながら入ってきます。

みしみしと音を立て、アナルの壁を擦りながらでっかいチンポが入ってきます。

根元までしっかりと咥えこみながら、お尻の快楽が背筋から脳天を容赦なく襲う、、、

彼女のチンポよりも大きなディルドを使っているが、やはり本物はまったく違う感じだった。

一気に奥まで押し込まれて、驚くくらいの圧迫感と、ディルド以上の気持ちよさが走る、、、「あ、ふぅぅ、、、」

恥ずかしくて、声を出さないように頑張ったのだけど、漏れてしまう、、、

「あぁ、、、 感動、、  お兄さんみたいなイケメンのバージンもらっちゃったw」

こんな事を言われて、とうとうやってしまったと実感する。

すると、彼女は腰を振り始めた。

いきなり手加減無しだ、、、

正常位で、ガンガン腰を振る彼女。

生チンポのカリが、ゴリンゴリンと前立腺を削る。

「お、おおっ! あ、アァッ! うぅぅぅあぁぁ、、 くっ! あぁっんっ!!」

声が我慢できない。ディルドと違って、腰全体がお尻にぶつかってくる。

その衝撃が快感を増すようで、ディルドよりもはるかに気持ちいい。

私は、いきなりだが堕ちたと自覚した。

「ほら、気持ち良いっ!? もっと、泣いてごらん!」

彼女も、テンションが上がってきたようだ。

「アァッ! 気持ち良いっ!! チンポダメっ! チンポ良いっ! ケツマンコ壊れるぅッ!!」

女の子のように、鳴いてしまう私(俺、、、

だけど、声を出すほど彼女の動きも強くなり、快感が危険なレベルまで行く、、、

「ほら、精子漏れてきたよw」

彼女の声に自分のチンポを見ると、ガマン汁でドロドロになった上に、白いものまで流れ出ている、、

「あぐぅぅあぁ、、、 ダメ、、、全然ちがうぅ、、、  本物凄いぃっ!! ガはぁっ!!」

もう、女になった気持ちだ。

可愛い顔とまったく違い、ガンガンと男の動きで腰を振る彼女。

一突きごとに意識が飛びそうになる。

すると、いきなりキスされた。

荒々しく、舌を突っ込まれて、かき混ぜられる。

相手が男だとか、一切思わずに、俺も夢中で舌を絡めた。

いつもは、責めながらキスをする立場だ。

それが、責められながらキスをされている、、、

受け身側でのキスが、こんなにもとろけるものなんて、今まで想像もしていなかった。

そして、キスされながらガンガンと突きまくられると、相手を好きと思い始めてしまった。

アナルを掘られて、前立腺をガンガン刺激され、頭がボーーッとなった状態でキスをされる、、、 もう、彼女のことを愛してるとさえ思い始めていた、、、

すると、彼女の動きがさらにハードになる。

「イク、、 どこに欲しいの?」

苦しげに彼女のが言う。

「イッてっ!! 中にっ! このまま!!! あ、愛してるっ!!!」

絶叫する俺、、、   後で思い返したら、自殺レベルだ、、、

そして、彼女は私の中に射精した。

射精されている感覚はそれほどないが、チンポがビクンと脈打つ感じ、そして、奥の方が熱くなる感じははっきりとわかった。

「いっぱい出たねw」

嬉しそうに言う彼女。”出たね”という言い方に、変に思って下を見ると、私も盛大に射精していた、、、

彼女の腹や私の腹が、ドロドロだ、、、

彼女は、チンポを抜くと、そのお腹を俺の口元に持ってきた、、、

「綺麗にして、、」
彼女に言われて、何の抵抗もなく、素直に彼女の腹に付いた自分の精子を舐め取っていた、、、

しかも、さっきまで私の中に入っていた彼女のチンポまで、お掃除フェラしてしまった、、、

そして、グッタリとして横になると、彼女が腕枕をしてくれた、、、

彼女の腕枕で、彼女の胸に頬を乗せていると、幸せを感じた、、、

「どうだった?」

「最高、、、 だった、、、」

なぜか、彼女に好感をもたれたのか、当分はスナックで働くようになり、時々彼女に調教され、、、楽しい日々を送っています。

正真正銘の本命の彼女、、、、には内緒だけど、ニューハーフちゃんとのエッチは忘れられないレベルです。

ニューハーフの彼女、、、ができてからは、本命の彼女意外とは会っていません。

 

関連記事

彼女とエッチしながらドライオーガズムを体験しよう!

 

 

ディルドやアナルプラグはどこよりも安く販売している「大人のおもちゃ通販大魔王」

大人のおもちゃ通販大魔王

アダルトグッズのNLS